周囲への対応

家族葬を行う時は、生前故人と交友があった人達への対応に注意しなければなりません。
交友のあった人達は、葬儀へ参列したいと考えている人が多く、それが当たり前の事だと思っています。
しかし、家族葬では限られた人数しか参列出来ない為に、ほとんどの人が葬儀に参列出来ない事になります。
それがきっかけとなり、関係に亀裂が走ってしまう事もありますので、葬儀の後には交友のあった人達へ挨拶をしなければならないのです。… Read more

費用について

家族葬のメリットを語る上で外せないのが、やはり費用の事です。
従来の葬儀に比べると、格段に費用を抑える事が可能なので、遺族への経済的な負担を大幅に減らす事が出来ます。
費用が安いからといって、葬儀の一部を省略する事はありません。
最初から最後まで、従来の葬儀と同じ流れで行われますので、故人をお見送りする事に関しては全く不足はありません。… Read more

密葬との違い

家族葬とよく似ている葬儀が、密葬と呼ばれる葬儀です。
この密葬は家族葬のように、遺族や親族などを含めたごく一部の人だけで行われる葬儀の事を言います。
ただし、少人数とは限らないので、参列者の数が百人単位になってしまう事もあれば、数人しかいない場合もあります。
このように、密葬の場合は大々的に葬儀を行う事を知らせずに限られた人達のみで行う葬儀なのです。
ですから、少人数だけで行われる家族葬とは、良く似ていますが全く同じ形の葬儀とは言えません。… Read more

手配の流れ

家族葬を行うには、葬儀社に家族葬の依頼をする必要があります。
これは、家族葬だから何か特別な事をするのではなく、従来の葬儀と同じ要領で依頼する事になります。… Read more

最近の流行り

家族葬は、ここ数年の間に急速に広まった葬儀です。
従来の葬儀は、故人と関わりのあった人達に参列して貰い、盛大に見送るという形が一般的でした。
しかし、そのような形では遺族は終始参列者への対応に追われてしまう事になります。
その結果、故人とのお別れもロクに出来ないまま火葬を迎えてしまうのです。
また、葬儀の規模が大きくなればなるほど、葬儀に掛かる費用が膨らんでしまい大きな負担になるのです。… Read more